授業内容

学校の授業を復習したり、時には予習します。
学校の授業をもう一度勉強する意味について下記「エビングハウスの忘却曲線」をご覧ください。

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが実験から導き出した、記憶の残存率の事です。
その結果は人は学習後復習をしなければ、忘れてしまうということです。

  • 1ヶ月で80%も忘れてしまうのです。
  • だから、毎日日課的に復習をする。そして授業の前には予習をする事が大事です。

どうしても忘れたくない教科内容はこのようにして勉強すると完璧です。

  1. 授業のあった日の夜に先生から与えられたドリルで復習する
  2. 寝る前にもう一度復習
  3. 朝起きてから再度復習

学校教科書と準拠した教材を使用し、学校と連動して学習指導します。

子どもの自発的学習を大切にします。

  • 生徒の状況に合わせ、個別指導をします。
  • 授業終了後宿題を出して、家庭学習できる子に育成します。
  • 生徒の長所・短所をよく把握して指導しますので、着実な実力をつけます。

トップラーン教室には、2コースを用意しています。

  1. のびのびコース  (国語、算数対象で1週1回50分)
  2. 標準コース    (国語、算数対象で1週100分)

教材は指導員がその子にぴったりと合った教材を選択し、支給します。
※教材費は授業料の中に含まれています。