科学技術が発達した現代社会の悲劇(便利快適社会の弊害編)

  まず食料ですが、添加物の一杯入った食料を私たちはとっています。
 自然でない、加工された食品を食べています。

 なぜならば、その食品を腐らないで、維持するために必要だからです。 
 そして化学調味料を使い、諸費者が好むうまみ成分を作りだしてきました。
 これは、その食物の売り上げを上げるためですが、化学調味料は生命維持装置の免疫系等に悪い影響を与えます。

 さらに、食料生産をあげるために遺伝子組み換えの作物を作りだしてきました。雑草の生えない作物を作り、生産効率を高める狙いからです。

 しかし、この遺伝子組み換えの作物は自然な物でないため、体の消化吸収の機能が変調をきたします。
 等々、これらの食料を取る事によって、私たちは体の中の生命維持機能が悲鳴を上げてきました。 この事がガン、糖尿病、高血圧、リュウマチ、アトピーなどの症状を生んできたのです。

 さらに、経皮毒といわれる私たちの皮膚から毒が入ってきています。
 つまり、洗剤、シャンプー、リンス、ハンドソープ等々の石油系の洗剤です。これらの洗剤を金魚等の飼育容器に少しでも入れたら、すぐに死んでしまいます。 こんな恐ろしい洗剤を毎日毎日使っていたら、体がおかしくならない方がおかしい。

 そしてその洗剤が、海に流れ、魚を汚染するのです。
 その魚を私たちが食べますので、体が悲鳴を上げるのです。

 次に医療ですが、現在の主流の医療は「アロパシー医療」です。 この医療は薬剤医療で、なおかつ、「対処療法」です。 病気になった原因はあまり追求しません。つまり、「根本療法」ではありません。 ガンになったら、癌細胞を攻撃し、たたく、糖尿病になったら、血糖値を下げるために薬を使う療法です。これでは本当の意味で病気は治りません。

 医者はこの療法が悪いことは知っていますが、経済活動の上から黙認しているのです。(根本療法、自然治癒力、免疫療法等は儲からない。)

 日本のマスコミ、厚生労働省が食品メーカ、医薬品メーカと医師会に遠慮して真実を語らないことが問題です。

 ヨーロッパ等では食品、医療、医薬品の問題点、副作用については積極的に意見と許可の吟味をして発表しています。

 さらに私たちは困難な問題に遭遇してきました。
 それは電磁波の問題で、インターネット、携帯に5Gが使われるようになってきました。
 人類は電気エネルギーを活用して近代科学技術の社会を開きました。
 そして、電波を使って、通信を行う社会を強力に推し進めています。
 現在はインターネット、携帯の発達で大容量の情報(映像・動画)を電波に載せて送るようになってきました。
 これが5Gです。
 これらの電波が空中で飛び回っていることのついては、私たちは何も影響しないと思っていますが、大変な影響があります。
 なぜならば、私たちの自律神経等の神経伝達の媒体も電気信号で情報を交換して、指令も電気信号です。
 これら、電磁波は私たちの自律神経、意識神経の神経伝達物質の媒体である電気信号と同質のものです。
 現在の空中に飛び回っている電波、電磁波は大いに私たちの生命活動に影響を与えています。
 躁鬱病(そう・うつ病)の双極性障害のはっきりとした原因は不明ですが、脳のはたらきをコントロールする“神経伝達物質”のバランスが崩れることが関係していると分かっています。
 さらに、最近脳腫瘍にかかる方が多くなってきていることもこの電磁波の発達が影響しているように思います。
 これらの近代科学技術の発達がもたらした、諸問題を、NHK、民報はもっと国民の側にたって、国民に真実を報道すべきです。
 まだまだいっぱいあるのですが、日本社会は問題山積です。 これらの問題を見過ごすことは、明らかに国自体が滅びる方向に向かっていくのです。
 だから、私は、近代の科学技術が発達した栄光の影で進行している滅亡の諸問題を取り上げなくてはなりません。
 これはあくまでも推論ですが、このような、「便利快適な社会」の中で、私たち人類が免疫力を弱めた結果が、コロナウィルスの発生の一因ではないかとみています。

ご意見・ご感想ございましたら下記にお願いします。

メールアドレス必須

電話番号必須

メッセージ本文

画像認証必須

上記画像内の文字を入力して下さい

プライバシーポリシー

株式会社 教栄社(以下、当社という)は、個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、ここに規定するプライバシーポリシーを遵守いたします。


【連絡先】 株式会社 教栄社 電話:090-9699-8578     Fax: 079-273-4678