日本の子どもたちに国際感覚を

アメリカ、サンディエゴでの思い出(2000年4月)
 サンディエゴはアメリカ合衆国に統合される前までメキシコ領だった事もあり、何となくスペイン風の文化も漂わせていました。 またアメリカ第七艦隊の基地としても有名で、戦時には港から多くの青年が遠く、日本、東南アジア
等に出征していったのであります。 その関係で日本人妻も多く見かけられます。 ともかくも自然との調和もぴったりのすばらしい景観を持ったところです。
 ラ・ホヤというところから太平洋を眺めました。息をのむ景観に酔いしれながら、遠く日本の事に思いをはせました。
 遠くアメリカ西海岸から太平洋をはさんだ地に高知がありますが、その高知が生んだ坂本龍馬は、日本が生んだ奇跡といわれています。
彼は日本に固執せず、世界を相手にして、これから雄飛しようとしたときに、何者かによって暗殺されてしまいました。数えの三十三才でした。
 当時の日本人が「藩」という意識にとらわれている中で龍馬は「日本」全体の運命を考え、世界の海こそ「我が住み家」と信じていました。
 ある時、龍馬が「たばこを買うて来ておおせ」と頼まれて喜んで使いに走った高知の若者は長じて東洋のルソーと呼ばれた中江兆民であったそうです。彼は叫びました。「わが日本、いにしえより今に至るまで哲学なし」と。
小利口で、利害には敏感だが、道理には暗く「現状に従う」ことを好んで、「考える」ことを嫌う。だから社会も進歩しない。軽薄で、偉業を建立するのに適さな・・・・と。
 この彼の叫びは現状の日本の教育を観るにつけ、改めて次代の日本を担う青少年を健全に育成することこそ私たち現役の者の使命と自覚しました。青少年に生き方を教え、国際感覚を身に付けてもらいたいと思いました。

ご意見等、ございましたら、下記にご記入の上、送信して下さい。

メールアドレス必須

電話番号必須

メッセージ本文

画像認証必須

上記画像内の文字を入力して下さい

プライバシーポリシー 株式会社 教栄社(以下、当社という)は、個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、ここに規定するプライバシーポリシーを遵守いたします。

【連絡先】 株式会社 教栄社 電話:090-9699-8578     Email: himawarilife@toplearn.jp