ミトコンドリアの働き

ミトコンドリアの働き

ミトコンドリアについて、一度説明しようと思っていました。

 私たちは約20億年前にミトコンドリアと合体して、その豊富なエネルギーを活用して、今の高度な体を作ったのです。

 「エネルギー生産工場」ともいわれ、酸素を使ってエネルギーを生成しています。

 それに対し、元々の私たちの原始細胞は嫌気性であり、酸素が毒の解糖系のエネルギー生成で生活していました。

 エネルギーは、生命活動を支える源であります。

 私たちが、考えたり、動いたりするためには、エネルギーは欠かせない。体内でも、細胞が壊れた時の修復作業や、新しい細胞を作るために、エネルギーは欠かせない。

 そのエネルギーの9割以上が、このミトコンドリアから生み出されています。(ATPを生産して各身体に供給しています。)

 さて、このミトコンドリアは元々、生命が誕生した時代、私たちの祖先である原始細胞とは別に存在し、それが進化の過程でその原始細胞の中に入り込んだと考えられています。

 これは、「細胞内共生説」と言われていて、ミトコンドリアは原始細胞とは別に、独自の遺伝子を持っています。

 そして光エネルギーを使って水を分解しながらATP を生み出します。 肝臓で生成された糖はミトコンドリアでATP を生産する原料となります。 私たち一人一人の人間は、37兆個ともいわれる細胞から成り立っているが、こうした進化を遂げることができたのも、莫大なエネルギーを生み出してくれるミトコンドリアのおかげです。 私たちの祖先になる原始細胞は、ミトコンドリアと共生し、さらにウイルスが持つ機能を取り込むことで、進化を続け、環境の激変を乗り越えてきた

。その結晶が、今の人類なのです。

 だから、ミトコンドリアは自前のDNAを使って、独自に分裂増殖が可能であり、私たちの原始細胞がミトコンドリアの豊富なエネルギーをもって増殖する事を制御する機能も持っています。

 ミトコンドリアの侵入のおかげで今まで毒でしかなかった酸素が有用な燃料となりますが、酸素を思い切り活用できるようになった真核細胞は、その後爆発的な進化を遂げることになりました。

 しかし私たちの原始細胞と違うエネルギ-生成機能をもっている事が、両者の整合性をどのように調和するかが課題になったのです。

 ドイツの生理学者であり、医師のオットーワールブルグは癌細胞は酸素を嫌う真核細胞であると言われています。

 つまり、ミトコンドリア活動が弱ると真核細胞の限りなき増大を制御できなくなり、ミトコンドリアのない純正の原始細胞になるのです。

 これが癌細胞です。

 したがって、生命活動を健全に働かせるために人は、エネルギー生成を活性化してくれるミトコンドリアを十分支援することが重要です。

 十分な燃料の源泉である健全な食べ物を供給すること、つまり、化学調味料、食品添加物、遺伝子組み換え食品、過度な病院の薬品を摂取しないことを心がけなければなりません。

 つまりミトコンドリアを活性化させ、ストレスの無いような生命活動を実践することです。

 このように重大な働きをしているミトコンドリアを十分働かせる事で、健康な体を作っていくことになるのです。

健康なお子様を育成するためにこの記事をよく読んで下さい。 そしてあたまの良い子にするためにポピーを活用して下さい。