姫路市・たつの市・太子町のポピー幼児教材の優位性 

ポピー教材の特長

 

 

ポピっこ ももちゃん(2~3歳) 

 2~3歳の幼児は、自己主張が始まったり、おとなの真似をしたり、ちょっと我慢ができるようになってきたりと、成長の目覚ましい時期です。
「こころ」「あたま」「からだ」それぞれの成長を考え、豊かな情操を育て、たくさんの言葉を覚え、そして生活面のトレーニングをしていきます。

参考

ミニえほん
親子でふれあいながら情操を育んだり、知識を増やしたり、空想力をつけたりできる絵本。お母さんのかばんに入る、ちっちゃめの絵本なので、お出かけや寝る前にご活用ください。
オールカラーの厚紙絵本・12ページ
ほほえみお母さん&お父さん
育児の合間にほっと一息つける、おうちの方向け情報誌です。 全国の会員の方からの投稿、子育てアドバイスなどのほか、当月号のガイドも載っています。
B5判 20ページ

ポピっこ きいどり(3~4歳 年少さん)

3~4歳は、親子の関わりがまだまだ大切な時期です。 『きいどり』は、本を使って親子で遊ぶページや、お子さんが喜ぶ読み聞かせのお話など、毎月工夫をこらした構成で楽しい親子コミュニケーションの材料をお届けします。

わぁくん
「子どもと遊ぼう!」をテーマに親子で一緒に楽しめるお話や、頭・手・体を使う親子遊びを毎月お届けします。
ごっこ遊びや体を動かす遊び、誌面を使ったかんたんな工作などバラエティーに富んだ構成で、親子のコミュニケーションを図ります。
オールカラー48ページ、シール付き。
ドリるん
迷路や見つけ遊びなどの、知恵を育むテーマを毎月設定しています。
知恵遊びだけでなく、言葉遊びや仲間分けなど、言葉・数の基礎となる内容まで盛りだくさん!
シールを使ったり、色をぬったり、楽しく取り組めるドリルです。
オールカラー24ページ、シール付き。
特別教材 年4回お届け
この時期のお子さんに大切なごっこあそびを、楽しい特別教材にしました。
おうちの方もお子さんといっしょに楽しんでください。
4月(レストランごっこ)・7月(えんにちごっこ)・9月(ポピっこデリバリー)・11月(ポピっこファーム)の年4回お届けします。

ポピっこ あかどり(4~5歳 年中さん)

4~5歳のお子さんは、一人でできることが増えるにつれて、何でも一人でやりたがる時期でもあります。 『あかどり』はおうちの方と一緒に楽しむページ、お子さんが一人でもでき、達成感を味わえるページなど、バランスよく構成して年間でお届けします。

わぁくん
「脳」を刺激するおもしろ特集が盛りだくさん!
見る・聞く・話す・体を動かす・遊ぶ…など、たくさんの要素が盛り込まれ、バランスよく脳を働かせる内容です。読み聞かせの楽しいお話も毎月お届けします。
オールカラー40ページ、シール付き。
ドリるん
間違い探しや迷路などの知恵を育む内容から、毎月テーマを1つ設定しています。
テーマ以外にも、知恵はもちろん、言葉・文字、数の基礎を身につける内容も充実し、脳の活性化を図ります。各ページにおうちの方向けの解説があります。
オールカラー32ページ、シール付き。
特別教材 年4回お届け
親子で楽しめるカードゲームや、簡単に作れて遊べる工作など、「脳」がしっかりと育つ特別教材を、年4回お届けします。
4月(えあわせカード)・7月(とんとんむしずもう)・9月(ポピっこタウン)・11月(それ なんですカード)の年4回お届けします。

ポピっこ あおどり(5~6歳 年長さん)

わぁくん
お話、おもしろ特集、科学遊び、体遊び・・・・・・、
その月々に合わせたテーマで子どもたちを飽きさせない構成です。
楽しみながらお子さんの「脳」を刺激してバランスよく育てます。
オールカラー32ページ、シール付き。
ドリるん
言葉・文字、数だけでなく、迷路やクイズなど、知恵の内容も充実しています。
書く、はるなどの作業を通して、楽しみながらくり返すことで、小学校への入学準備も無理なくできます。 各ページにおうちの方向けの解説があります。
オールカラー40ページ、シール付き。
特別教材 年4回お届け
お子さんが楽しみながら、言葉・文字、数、知恵の力を付けられる特別教材をお届けします。
4月(しりとりカード)・7月(ぴょんぴょん・ぴよぴよゲーム)・9月(ふしぎふしぎマジックブック)・11月(なぞなぞかるた)の年4回お届けします。

幼児ポピー教材の優位性

 大切なお子さまのために

なぜポピー幼児版なのか
 大切なお子様の「総合的な成長」を願っているひまわり支部(株)教栄社です!
あたま・こころ・からだをバランスよく育てませんか。
頭が育つとは・・知育の領域です。どんなことを知っているのかという知的な領域です。知的領域を育成する学習の専門的な教材等を使うとよいでしょう。
心が育つとは・・情&意の領域です。人に対する思いやりがあり、強い意志を育てましょう。この領域を育成するためには自らの意志で粘り強く行動する。そしてお子様の中に内在している豊かな感性を顕在化することが必要であり、継続的な関心がやがては強固な意志と情緒を顕現するようになります。
 そして

 体が育つとは・・体を動かす事です。大脳と身体は250本近くの神経繊維線によって結ばれていて、大脳から指令されたことで身体が動き、また、五感にあるセンサーが大脳に伝達され、大脳が諸々のイメージ把握をし、次の行動を指令するようになっています。この連携プレーは積極的に身体を動かさないと発達しません。それも片寄らないで全てを動かすような体育の指導者のもと、親子で一緒に運動することが大事であり、その結果、人間としての健康的な身体が形成されるのです。
 幼児版ポピーは幼児期に育みたい、あたま・こころ・からだをバランスよく育てる為の手引きと、お子様が継続して出来る反復用のドリルと、思考力を養うワークを収録しています。


著しい成長期のお子さまには幼児ポピーが最適

 月刊ポピーの幼児向け家庭学習教材、幼児ポピー「ポピっこ」は、親子のふれあいを通して「こころ」「あたま」「からだ」をバランスよく育てます。

小学ポピー

 小学ポピーの優位性
 小学ポピーの特徴は学校の授業にぴったりとあわせ、教科書に沿って編集しています。
 エビングハウスの忘却曲線が指摘しているように学校で習ったことを24時間以内にもう一度復習する事が、今、習っている教科の定着に必須の条件です。
さらに、1年~2年は勉強の習慣づけと自発的な意志がついてきます。 3年~4年は具体的な教科の学習から抽象的な、概念の勉強に切り替わる大事な学年ですが、ポピー教材を使うとスムーズ切り替えができます。
5年~6年は中学の教科の橋渡しをする学年で、この学年の教科内容が、中学教科の1年2年の内容の応用編といってもいい学年です。さらにこの学年からは、学校授業の前予習が必要になってきます。ポピー教材は教科書準拠になっていますので、テキストに沿ってその順番に予習をすれば、学校の先生が“何を”教えるかが、手に取るようにわかりますので、学習内容が確実に理解定着が図れます。

 

小学ポピーは詳しくはこちら

中学ポピー

 中学ポピーの優位性
  なんといっても中学勉強の要諦は「予習」です。中学の勉強を予習無しに授業に臨む事は大変な冒険をする事となり、授業内容がわからなくなる。迷路にはまるといった状況を創ります。
したがって、そうならないように、予習をしっかりとやることが大事な点です。 さらに中学は高校入試の前段階で、中学での学力が明暗を分けます。高校への入試の条件は当日の高校入試の試験結果はもちろん大事ですが、通常の中学校の内申点も大きなウエートを占めています。 この内申点は中間・期末の定期テストが大きなウエートを占めています。したがって、中学での学習を確実に理解・定着を図るために中学ポピーは必須の教材と言えます。
たとえお子さまが、学習塾に通っていても、教科書準拠のポピーは必要と言えます。

中学ポピー詳しくはこちら

ご希望のお問い合わせをお選びください。

保護者氏名必須

お子さま氏名必須

生年月日

郵便番号必須

住所必須

メールアドレス必須

電話番号

[問い合わせ内容]

個人情報保護方針への同意必須

※個人情報保護方針(プライバシーポリシー)は、このフォームの下にございます。

画像認証必須

上記画像内の文字を入力して下さい

 

プライバシーポリシー

株式会社 教栄社(以下、当社という)は、個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、ここに規定するプライバシーポリシーを遵守いたします。


【連絡先】 株式会社 教栄社 電話:0120-03-2096     Fax: 0120-93-8430