会社案内

教栄社のめざすもの

教栄社は、21世紀に活躍する子ども達を育成します。
子どもに「自信と喜びを」を合い言葉に誠心誠意活動を展開してきました。
子どもの自発能動学習の育成に取り組んでいます。
平澤先生の「家庭教育五訓」を基本にすえ、家庭学習の出来る子どもを育成します。

教栄社の心構え

1.「家庭学習の重要性を知らせる」

家庭学習は学校の授業と繋がり、その予習と復習を家庭でおこなうことです。
子どもたちは学校で多種多様な授業を受け、日々知的領域を拡大し、成長しています。この知的領域の拡大は一部の天才を除いて、学校だけで完結できるものではありません。なぜなら、ある特定の学習を不完全理解のまま授業が終わった場合は、次の授業はさらに理解がしにくくなるからであり、学校の授業は以前の授業の理解を前提にして、積み上げられているからです。
一度理解できない局面を作ってしまうと、それ以降は理解不完全が続いていきます。したがって、学校授業を家庭で予習、復習することはその授業の理解と習熟を確実にする方法として不可欠なのです。
まず、復習ですが学校授業の内容をもう一度家庭でおさらいする事により、授業の記憶残存率が高止まりします。記憶の残存率を研究したエビングハウスは記憶をできるだけ多く保持するコツは24時間以内にもう一度復習することだと結論づけました。

次に、学校授業の予習をする事によって、授業の理解がより確実になります。
中国の孫子の兵法に「彼れを知りて己を知れば、百戦して殆[あや]うからず。」と述べています。つまり、敵の状況と味方の状況を深く知って、戦うところに勝利は得られると説明しています。学校授業を予習する事は孫子の兵法に基づくと「敵を知る」ことであり、先生の講義の情報を把握して、それに備え、自らも思考を合わせて講義に備えることであり、このことにより確実な授業の内容把握ができるのであります。
このように予習と復習を通し、「穴をあけない」学習の定着を図ることができ、この事が次のステップの授業の理解を確実なものにしていきます。

また、家庭での予習と復習は、自己への自信を増大し、もって大脳の活性化を図るスパイラル的な広がりを持つという相乗効果も期待できます。そして家庭での自主的な学習態度は、親からの「指示待ち態度」を脱却し、自発的・能動的な意志教育に繋がっていきます。教育の4要素は「知・情・意・体」ですが、「情・意」は人に本来備わっている特質を如何にして引き出していくかが課題です。たとえば、強い意志と怠け意志は両方とも人に内在しているのです。この内在している特質はきわめて、周りの人間集団に影響されます。周りの人間集団が、積極的、進取の気質の家庭であれば、その子ども達は同じような気質を世襲するのではないでしょうか。
このように、子どもが成長し、よき市民になるために、家庭学習の習慣は必須であり、子どもの中に本来内在してる強い意志と豊かな情操を与える原動力は周りにいる方の対応であり、その共通の話題を提供する題材こそ「家庭学習教材」ではないでしょうか。

2.「読書の大切さを知らせる」

人間としての豊かな想像力と新しい物をつくり出す創造力は車の両輪にたとえられます。人類をして高度な文明を築き上げた原動力が想像力であり、そのイマジネーションが新しい創造を生み出していったのではないでしょうか?
その想像力と創造力を生み出していった源泉が本の発明であり、人類が熱心に読書し始めたことから始まったと確信しています。ある方が「本は知識をくれる。本は感動をくれる。本は勇気をくれる。本は思いやりをくれる。本は読む習慣さえ身につけておけば、その人の道に「希望」が消えることはないのです。」と論破されていました。
子どもたちに読書の習慣をつけることは非常に大事な事だと思います。
反復読書する事によって、想像力を生み、人間に内在している豊かな感性を育み、健在することができます。想像力とは過去、現在、未来の時間的領域と空間的領域があります。読書をする事によって、限りのない時空間への想像力を育成することができます。そして、人間の中に内在している「人智の鉱脈」を探り当て、顕在化していくのです。
この方法は、自らが生活の場で苦労して体験し、獲得する方法と、読書による疑似体験する方法とがあります。人間の一生には限りがあるので、全てを体験から獲得することは出来ません。本を読んで、作者の考えを身につけることにより、沢山の疑似体験をする事が出来ます。つまり、読書の習慣を身につけた方は、広大な世界を自由自在に旅のできるような可能性を開くことができるのではないでしょうか。特に幼児期に読書の習慣を是非身につけてあげさせてください。読書の楽しみはまず、親が読み聞かせをする事によって始まるのではないでしょうか。

3.「子どもを育てる上での注意点を知らせる」

小学校に入学したお子さまは二つのハードルが待ち構えています。一つめは「小1プロブレム」であり、集団活動への対応力を意味します。小学校に入学して集団授業が始まると、その授業に連動して歩調を合わせ、教師の指示に同調していかなければなりません。この集団での授業に適応する事が難しい子がいることを意味しています。
二つめは「9才の壁」です。10才に達するまでに子どもたちはもう一つ山を越えなければなりません。小学校の先生から指摘される「9才の壁」です。小学校3~4年生(10歳前後)あたりから思考力が拡大し、
①自分を集団の中で客観視してとらえる力②時間軸としての過去・現在・未来の中で、現在の自分の位置づけを認識出来るようになる能力です。
それは学科の勉強の中で、抽象的な概念を認識する力を意味します。 算数であれば分数や小数、国語であれば抽象語彙(現実の世界で目で見えない領域の認識力)の登場です。

この先5年生、6年生、中学、高校と抽象概念はどんどん増えてきます。
子どもにとってこの壁を乗り越えないかぎり、それ以降の学校での活動と学習が円滑に進んでいかなくなります。
つまり、実際に目に見えない抽象概念を確実に把握する能力と自分を客観視する事のできる能力が「9才の壁」を克服する事なのです。そしてこの抽象化された概念の認識力こそ、総合学力を形成していきます。

会社概要

会社名 株式会社 教栄社
代表者名 中塚 全紀
本店所在地 〒671-1227 兵庫県姫路市網干区和久441-7
〒671-1532 揖保郡太子町糸井291-1(TL教室・配送関係)
電話番号 079-273-1725 (フリーダイヤル 0120-03-2096)
FAX番号 079-273-4678 (フリーダイヤル 0120-93-8430)
(株)教栄社協力者 従業員・スタッフ 30名
設立 昭和56年1月(個人設立) 法人設立平成2年8月
事業内容 ・家庭学習教材の普及を通し、自発的能動的学習態度育成
・トップラーン教室の運営を通し、学習能力を開発
・社会貢献として家庭教育の普及・推進
資本金 1,000万円